人気のNゲージ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

Nゲージの名前の由来は、9の呼び名を総称したものでもあります。英語のNine、ドイツ語のNeun、フランス語のNeufのどれもがNで始まることから、レール間隔9mmを指してNゲージとなりました。ここからも、日本だけのものではないことがわかります。

NゲージNゲージは、飾っておくようなタイプの模型ではなく、走行させて楽しめるところが重要です。動力は電気を使って流していき、内部のモーターに供給して稼働させることが可能です。進行方向は、プラスとマイナスを逆転させてモーターの回転方向を変化させることで実現できるのですから、楽しめる模型といえるでしょう。世界的にも標準的なシステムであり、Nゲージになっていれば、どれでも楽しめるところも、人気のポイントです。

鉄道模型として考えると、Nゲージはコンパクトなサイズで、日本のような住宅環境でも収まります。狭いスペースでも十分に楽しめるからこそ、取り引きも盛んになっているといえるでしょう。模型店でも、専用のスペースを割いていることもあるため、古いものでも買取りがおこなわれることもあります。状態が良いものは高値が付きますので、いらないものがあれば、査定を考えてみるといいでしょう。